クリニックBLOG

2011年8月 4日 木曜日

熱中症について

熱中症は、外気においての高温多湿等が原因となって起こる症状の総称です。

高温障害で、日常生活の中で起きる「非労作性熱中症」と、スポーツや仕事などの活動中に起きる「労作性熱中症」に大別することが出来ます。

○熱中症の対策(予防法)について
  • 運動・就労前に内臓(胃など)の負担にならない程度に出来るだけ多くの水分を取る。
  • 発汗によって失った水分と塩分の補給をこまめに行う。
  • 睡眠を十分に取る。
  • 体感温度を下げる(日射を防ぐ、通風を確保するなどの工夫を行う)。

○熱中症にかかった場合は?
日陰や通風の場所に移動させ、霧吹きで全身に水を浴びせるなど体を冷やす処置と、スポーツドリンクなどの経口摂取による水分補給が基本です。
経口摂取が難しければ点滴を行いますので、すみやかに病院に行きましょう。

自覚症状で熱中症だと感じることはまずありません。
自分で大丈夫だと思っても「おかしい」と思った時にはもう遅い可能性もありますので、一度ご相談下さい。


投稿者 もりいじゅん外科内科クリニック

カテゴリ一覧

カレンダー

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ